少しでも高く車を買い取ってもらうためにやっておきたいこと

車の買取価格をアップさせるためのお手伝い

>

事前知識を取り入れて買取価格アップ

車のモデルや装備

車の買取価格は、ニーズが高まる時期以外にも変わるタイミングがあり、一般的には同じ車種のモデルチェンジがあった時だと言われています。
モデルチェンジを期に新車に乗り換えるといった人が一定数いるため、そのタイミングで買取価格もアップするためです。

また、車の装備によっても買取価格が変わるので、将来的に車の買取を検討しているという方は早めの準備をしておくと、より一層高額な買取価格が望めます。購入前からそういった目線で車選びをしておくというのも一つの手かもしれませんね。「多くの人の需要が見込める装備かどうか」をキーに考えることがおすすめです。

具体的に注目すべき装備のポイントは、オプションアイテムが純正のものであること、カーナビやシート、サンルーフが高品質であることなどです。
装備やアクセサリーの色に関しても、ブラックは万人受けしやすく、買取価格もアップする傾向にあるようです。

走行距離と買取価格の関係

走行距離は、長ければ長いほど車体に負担がかかるため買取価格が下がってしまうのは事実です。ですが、単に走行距離だけを見るのでなく車の年式に対する走行距離を計算することで、買取に出す車はどうなのかを判断基準の1つにすることができます。

平均的な車の走行距離は、1年で約1万キロと言われています。例えば、車を乗り始めて5年経過した車が5万キロ以上であれば走行距離は長め、以下であれば低めととれるため、買取価格のアップが見込めます。

このように車の状態が平均よりも上か下かといったおおよその目安をイメージしておくことで、実際に査定に出した際に妥当な価格かどうかを判断することができます。
実際に査定担当スタッフに値段交渉をする際には、こちらも市場を踏まえた上で希望価格を提示することができるため、結果的に納得のいく買取価格に近づけることができます。


TOPへ戻る